スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

戦え...命よ...戦え---!

 ああ...明日から新学期でおま。
とは言っても、バイト先が大学内の機関なんで、休み期間中もほぼ毎日学校には行ってたんですけどねぇ。

今回は最近最終回を迎えた戦う司書の感想を...。
一気に全回分の感想を書くのは失敗するというのを、前のログで痛感したので今回は最終回中心で。

<<以下ネタバレあり>>

とりあえず面白かったb
このアニメ、アニマックスで22時から放送してて、割と大人向けな内容とノリだったのですが、なんだか最後はちょっと予想外の全員集合。
ハミュさんの魔法権利が素晴らしすぎるw
まさにクライマックス時に集合かけるための能力。
本喰いに強制的に本を喰わせることにより、本になっていた仲間を召集できるっていうチート。
その設定を理解した時にはなんだかテンションが上がってしまいましたw
とくにヴォルケンがハミュさんを助けながら登場するところは感動した><

クライマックス付近かなめのお二人ルルタとニーニウ。
この二人の話は低能な自分にはややこしすぎて、グーグル先生に聞いてからやっとなんとなく理解できました(--;
ニーニウを愛し、守りたかったルルタ。
しかしニーニウがためと思って行った行為が、皮肉にもニーニウを死に至らしめてしまう。
そして石像となった仮想臓腑内のニーニウを止めるため、世界中の人々の願いを請う。(元気だまみたいだね
最後の最後でなんか結界(?)みたいなのが出た時、それを壊すハミュさんがカッコよすぎたww
能登さんの演技力は素晴らしい。

終わり方はハッピーエンドともバッドエンドともいえない感じ。(どちらかといえば前者かな
でもそこはなんだかこのアニメらしくていいんじゃないかなと思います。

この手の作品にはなんだか深い意味が含まれているのかもしれませんが、あまりそういうことを考えながら見ない自分にはなんとなくしか理解できないです。
でもこれじゃぁほんとただの感想になってしまう...。
もうガキじゃないんだから、多少は分析もしないと...。
「人が死んだら、その記憶が本となる」なんて設定、よく思いついたなと思いますし、なんだか意味深い設定だと思います。
非常に楽しめました。
原作は小説らしいので、時間と金さえあれば読んでみたいものです。
あとノロティは俺の(ry

まぁ、なんでこれ見たかっていうとアリプロさんのオープニングがかっこよかったからなんですが...w

この街の全てを敵に回しても.....

とある科学の超電磁砲のレビュー...。
ホントは1話づつ書きたいんだけど、この記事書く時点でレールガン終わっちゃってるんで今回は総括という感じで。

まずオープニング。
「only my railgun」はもう神ですね。
とある系列は毎回オープニングがいい曲ばっかなんですけど、これはそのなかでも特別です。
アニメがヒットするか否かは、当然内容とか制作会社とかにも左右されましょうが、オープニングによるところも大きいのではと個人的には思っています。(エヴァンゲリオンしかり)
某動画サイトでも大人気のご様子です。
自分はめったにCDというものを買わない(ネットで聴けてしまうため)んですが、これは初めて初回限定版を予約して購入してしまいました。
『限界など知らない意味ない』の辺がヤヴァイ。
「Level5-judgelight-」もrailgunに比べれば多少盛り上がりに欠けますが、やはりfripsideさんらしい良曲です。
はじめのうちjudgelightじゃなくてjugdementだと勘違いしていた俺は負け組...orz
てっきり御坂さんと黒子のことかと...。
PVがどうしてこうなったって感じでしたが、まぁオリコン週間4位までいったみたいですし、よしとしましょう。

<<以下ネタバレあり>>

ではでは本編へ。
メイン4人のなかで、唯一超電磁砲の派生元の小説の禁書目録に登場していない佐天さん。(まぁ実はイラストだけは登場していますが...。
中の人もマッチしていて個人的には好きなキャラクターです。
一人だけ無能力者って設定もいろんな意味でグッドです。

1クール目あたりは原作準拠でレベルアッパーのお話がメインですね。
多人数の能力者どうしをネットワークにつないで、本来のレベル以上の能力を発揮する...。
しかしその代償も大きく、その真の目的はツリーダイアグラム並の演算能力を疑似的に作り上げること。
なんだかちょっとミサカネットワークに似ていますね。
グラビトン事件あたりからレベルアッパー編ということでしょうが、なかなかクライマックスへの運びがうまかったように思います。
木山先生の回想には危うく涙してしまうところでした。
この人は「教授としての先生」だけでなく「教師としての先生」の性格も持ち合わせているんでしょう。
にしても対御坂戦の木山先生がヤヴァイ...。
多彩能力がカッコよすぐる!><
対する御坂さんのアクションもなかなかのもの。
電撃使いの能力をフル活用して先生に挑む!
AIMバースト戦もかなり見どころあり。
クライマックスでrailgun流したのはグッドな演出だったと思いますb
2クール通してこの戦闘が一番の見どころではないでしょうか。

そして2クール目。
前半は単発ものがぽつぽつと。
その後短編のスキルアウトの話があって、クライマックスの絶対能力編。
1クールとは打って変わってテレビオリジナルばかりでしたね。
単発物は賛否両論のようでうすが、個人的には学園都市の日常がみれて良かったように思います。
ただスキルアウト編はちょっとだらだらと続いた感があったかなぁ...。
テレスティーナさんは木原性でしたね。(あとおじいさんも
これは当然「とある魔術の禁書目録」の木原数多と血縁関係なのでしょう。
木原一族は科学狂ばっかなのか...。
ついでにテレスティーナさんの中の人は大原さやかさんでしたね。
「うみねこのなく頃に」のベアトリーチェの中の人も務めていたので、この人の声を聞くとなんだか顔芸キャラな気がしてなりませんw
そのテレスティーナさんと激戦を繰り広げる最終話。
バトル満載でしたね。
テレスティーナさんは登場した時から怪しいと思っていたんですが、やはりラスボスでしたね。木原一族だと明かされた時は衝撃を受けましたけど...。
(ラスボスなんて言うと小さい子むけのアニメみたいな感じがしますが、鎌池さんの作品は毎回ラスボスに該当するキャラがいるのでいいのかな...。)
1クール目のラスボスである木山先生が仲間の位置にあるというなんだか王道って感じの設定も良かったです。
能力者にのみ干渉する電波を唯一切り抜けた佐天さん。
彼女が指令室(?)の装置をぶっ壊すシーンはぐっときました!
オープニングでランブルボールを食べているテレスティーナさんは、きちんとラスボスらしい振る舞いを見せてくれました。
前半でなんかでっかいロボットみたいなのに乗って自ら御坂さんたちを襲撃!(ほかに方法あったなんじゃ...
んで、きっちり負けて後半で瀕死状態で再来!(王道ですね
最後の最後は御坂さんと一騎打ち!(王道ですね
BGMはrailgun(またかよ〜
まぁ、なんだか鎌池さんだな〜〜って感じで楽しめました(いい意味で
にしても、最終話だけで挿入歌3曲も使うとは...。音MADみたいだ。
途中バトル少なめだったけど、最終話でしっかりと補充してくれたのでよしとしましょう。

...うわ〜〜〜
なんか支離滅裂なレビューになっちまった。
まぁ、そもそも一度に24話分をレビューすること自体に無理があったのかも...。

原作漫画がどれだけ連載するかにもよりますが、2期がありそうな予感です...。
ヴァイスとかの関連グッズもかなりの売上を出しているみたいですしね。
個人的には、早く禁書目録の2期をやってほしいわけですが...。

とにかく、総じて良アニメでした!
鎌池さん最高!



ここは学園都市

あ痛たた...。
どうやら頭を打って気絶していたようです。若干出血してる気が...。
なんだか脳内が混沌(カオス)としています。
意味記憶とエピソード記憶が欠如して、いわゆる記憶喪失というやつでしょうか。
まさに豊作貧乏なお話ですね。
にしてもここはどこなのか...。
んん!?
あの風車!そして道端にある自動清掃ロボット!立ち並ぶガラス張り高層ビル!
ここは学園都市!!
幻想(ゆめ)にまで見た、あの学園都市なんですね!!
もし、そこの人。ここは第何学区にあたるんでしょうか?
へ?千代田区?東京??
何言ってるんですか、ここは学園都市。東京なわけないでしょう。
そうだ、東京なんてはじめからなかったんだ!
そんなものなくて、全てが学園都市だったんだ!
ここは、ここは学園都市なんだ!!
え?なんですかあなたたちは。
街中で大声出すなって?
わかった、警備員(アンチスキル)の方たちですね?
ちょっと、どこに連れてくんですか?病院?
だったら第7学区に腕利きの医者が...て、そっちじゃないです。
ちょ、おま、やめれ!

その後病院にてそげぶされる...。
これが幻想を見過ぎてディスプレイに頭から突っ込んだ人の末路です。

というわけでブログ開通です。
とくにこれを書きたいっていうことはないんですが、とりあえず文章が書きたくなって始めました。
サブタイトルにもある通り、アニメのレビューやら、自作中のゲームの制作日記なんかをしていくつもりです。
あとはフツーの日記もちょくちょくと更新する感じ...。
まぁブログなんてのは、よっぽどの有名人とかでなければ自己満足で終わるものです。
そんなことは重々承知の上で作業用BGMでも聴きながら気楽に書いていくつもりです。
この駄文を読んでくれているあなたは、暇な時にでも見に来てやってください^^。

それでは、今日はこの辺で。

因みに、僕は学園都市在住です。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM