スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

講談社BOXについての戯言

 今日はレビューでもなんでもなく、特にどうでもいいような話題です。

講談社BOX」。
こんな日記をご覧の方はほとんどの方がその存在ぐらいはご存知ではないでしょうか。
最近、というかだいぶ前からよくCMも流れていますよね。
ひぐらしとかうみねことか刀語とか...。
まぁ他にもかなりのタイトルがこのレーベルで出版されているわけですが。

で、自分は西尾維新さんの化物語シリーズがお気に入りです。
既刊分はすべて購入しているのですが、問題がひとつ。
この講談社BOX、少し値は張るものの、外箱がついているし本自体も単色の表紙になっているのでなんだか高級感があります。
しかしその反面、持ち歩きにくいのです。

「いや、持ち歩くなよ。家で読めよ」
ていうツッコミをされると困るのですが、自分は主に電車での通学時に読書するのです。
家でもしないわけではないのですが、学校が遠い関係でどうしても読書の時間は通学電車の中ぐらいしか取る暇がありません。
文庫本を読む分には全く持って問題ないんですけど、この講談社BOXシリーズを読むのにはいろいろと問題があるのです。
まず一番最初にこのシリーズを購入した時は、箱ごとカバンに入れて持ち歩いてました。
しかしこの外箱、高級感はあるものの所詮は紙なので正直すぐボロボロになります。てかなりました。
とくに乱暴に扱ってはないのですが、カバンの中でほかの内容物にゴツゴツ当たって角が削れたりするわけです。

仕方ないので次の作品からは箱を家に置いて中身(本)だけ持ち歩いてみました。
しかし外箱をとってしまえば、このシリーズはソフトカバーすら存在しないので本自体が角削れたりしてボロボロに...。
ボロボロっていうと大げさですが、やっぱりこういうモノはちょっとでも傷がつくと気になってしまう性格なのです。
おまけに化物語シリーズは表紙が赤単色です。
これを公共の場で堂々と読むというのも、なんだか目立ってしまいます。(おそらく自分がそう思っているだけ

そんなさなか、最新作の猫物語(黒)が発売されてしまいました。
だいぶ前に買ったのですが、今まで他の作品を読んでいたのでまだ未読です。
で、明日から読みたいのですが、上のような問題があるのでどうしたものかと...。
ブックカバーをかけてもなんかダボダボになってしまいそうだし...。
と思いつつも、ためしにカバーをつけてみることに。
普通の文庫本についているカバーを使ってみると、なんか意外とジャストフィットw
ただ、当然ながら文庫本より横幅が広いので折り返しの部分がほとんどありませんが。
まぁでもそこは持ち方を工夫すればカバーがはずれることもめったにないはず。
これで表紙も見えず目立たずに、角が削れたり汚れるのも抑制できる!
もう講談社BOXシリーズもためらいなく購入できるぜ!!

はい。
繰り返しますが、長々書いておいて結局中身は「特にどうでもいいような話題」でした。
ただ、これ書く前に同じ悩みの人はいないのか?とググってみたら、そこそこ同じようなことを言っているページがいくつか見つかったので、自分も一つ解決策を書いてみようかと。
結論、言いたかったことは「講談社BOXも意外と普通のブックカバーでどうにかなる」ということ。
てかはじめからさっさと試せばよかったorz




「猫パーセント」ってどう読むんだよ.....

私の名前はまだ公開しねーですわよ<ヘヴィーオブジェクト採用戦争>

 とある魔術の禁書目録でおなじみ、鎌池和馬さんの第2作。
ヘヴィーオブジェクト」。

昨年2009年の10月にその1巻となる「ヘヴィーオブジェクト」が発売。
そして今年2010年6月に最新刊の「ヘヴィーオブジェクト採用戦争」が発売されました。

時代設定は未来なのかなんなのか、とにかく戦争のお話のようです。
超巨大兵器「オブジェクト」がその勝敗を決める時代。
技術の発展によって超巨大で高性能な兵器が完成してしまい、もはや白兵戦や戦闘機では話にならないという設定です。

と、概要についてはこの辺にしてwikiでも見てもらうことにして...。
今回は2巻である「ヘヴィーオブジェクト採用戦争」についてのレビューを..。

「採用戦争」というのだから、てっきりクウェンサーとヘイヴィアが軍隊に採用されるお話、つまりは過去談かと思ったのですが、普通に違いました。
以下本文110ページより引用。
『「ずーっと前からロケットエンジンを使ったシャトルは、大規模な宇宙開発を行うにはコストがかかりすぎるって言われてた。そこで、二〇年ぐらい前から新方式が検討されてきた訳だが、ここで最後に残った候補は二つ。レールガンの技術を応用したマスドライバーと、レーザーの技術を応用したレーザー式軌道エレベーターだった。」』

このセリフの後半部、マスドライバーとレーザー式軌道エレベーターの2つのどちらを採用するのか...という意味のようです。
まぁ結果としてレーザー式のほうが採用されてしまったためにマスドライバー財閥が騒ぎを起こしたというのが今回のお話ですが。
鎌池さんらしいというか、なんだか計算しつくされたストーリー展開でした。
よく考えて議論すれば、矛盾点も見つかるやもしれませんが、読んでるときには「おお、なるほど」と感心させられてしまいます。
禁書目録もさることながら、これが鎌池さんの小説を読んでて楽しいところです。
そして上の引用文からもわかる通り、なにやら難しい単語がたくさん登場します。
理系でないどころか、中学の勉強すらろくに追いつけなかった(いまだに理科とかは理解できていない)自分からしたら、もうわけわかりません。
にもかかわらず、必死で理解しようと読み返してみると、「へぇ、すごい発想だな」と感心してしまいます。
なんか鎌池さんの理論を実用化できたら一気に技術が進歩してしまうような気さえします。
まぁ、そううまくもいかないんでしょうが。

とまぁ、インテリな小説だ...。と思われるかもしれませんが、違うのです。
まじめな話はとことんまじめな半面、ネタの部分がなんかもうひどい。
とにかく、この作品は下ネタが多い。
禁書目録も割と多い方ですが、なんつーかソフトな感じです。
でもこちらはハードな感じのネタが多い気がします。
禁書は中学生ぐらいでも理解できそうだけど、こっちはできなさそうってぐらい。
ん〜〜、なんか無理やりネタはさんでるような部分がところどころあって、ちょっとたまにひいしま(ry

そして主人公格の2人、クウェンサーとヘイヴィアの口調が似ていて、どちらのセリフかわかりづらい。
鎌池さんは基本的にキャラごとに特徴的な口調や口癖を設けて、セリフの判別をしやすくしていくれています。(「〜ですの」とか「〜でありけるのよ」とか。)
が、この2人に関しては、2人とも一通さんみたいな不良口調でたまにどっちのセリフか判別できません。
おまけに性格もどことなく似ているので余計。

口調の関連でもうひとつ。
オブジェクトのパイロットたるお姫様ことミリンダと、おほほの人(氏名未公開)。
1巻ではこの2人が登場して、2人とも簡単な漢字以外は「ひらがな」で話すという表現。
なんだか幼稚な感じがして、それでカワイさを引き立てているのでしょう。
とはじめは思いましたが、よくよく考えると「パイロットだから」なのかも。
なぜひらがな口調なのかについては、いまだに説明がないので(たしか)自分はわかりませんが。
そんなことを考えながら2巻を読むと...。
ついに男のパイロット(ハルリード)が登場したではありませんか。
(パイロットということはまたひらがな口調か。読みづらいな。......ん?まてよ、でもコイツ男だろ?ミリンダとおほほはカワイイからいいとして、まさかコイツもひらが...!!)

orz

ホントなんでパイロットはひらがな口調なのでしょうか。
謎です。

総じて「面白かった」です。
ページ数も400ページ弱と、やはり鎌池さん。読み応えがあります。
2巻目に「◆廚班嬌屬靴覆ったため、これがシリーズものとして展開していくかどうかはまだ未定なのでしょう。
しかし2巻がでたということ、漫画化されているということ、あとがきで鎌池さんが次巻の存在をほのめかしていたことから、まだつづきそうです。
まだまだ伏線や謎も多いことですし、次回作を期待しております。
もちろん、禁書目録の22巻も。






「超電磁砲の技術を応用したマスドライバーと、禁書目録の技術を応用したレーザー式きd(ry


アニサマ2010!inさいたまスーパーアリーナ

行ってまいりました!アニメロサマーライブ2010!
残念ながら今年は1日目しか行ってないのですが....。
とりあえず当日のセットリストを...... 

1 『レスキューファイアー』/JAM Project×栗林みな実
2 『only my railgun』/fripSide
3 『LEVEL5-judgelight-』/fripSide
4 『オルタナティヴ』/angela
5 『Separation』/angela
6 『蒼い春』/angela
7 『遠くまで〜infinity〜』/高橋直純
8 『クローバー』/高橋直純
9 『月導』/南里侑香
10 『雫』/南里侑香
11 『Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-』/ELISA
12 『Real Force』/ELISA
13 『逆光』/石川智晶
14 『涙腺』/石川智晶
15 『Find the blue』/いとうかなこ+志倉千代丸
16 『スカイクラッドの観測者』/いとうかなこ+志倉千代丸
17 『Bad Apple!!』/nomico(のみこ)+Masayoshi Minoshima
18 『Braveheart』/THE GOMBAND
19 『ブラック★ロックシューター』/THE GOMBAND
20 『鳥の詩』/Lia
21 『My Soul,Your Beats!』/Lia
22 『Alchemy【marina】』/Girls Dead Monster(LiSA,marina)
23 『Crow Song【Lisa】』/Girls Dead Monster(LiSA,marina)
24 『Brave Song』/Lia×Girls Dead Monster(LiSA,marina)
25 『Butterfly Kiss』/米倉千尋
26 『WILL』/米倉千尋
27 『ゆずれない願い』/米倉千尋×田村直美
28 『Crystal Energy』/栗林みな実
29 『冥夜花伝廊』/栗林みな実
30 『あんりある♥パラダイス』/栗林みな実
31 『Now loading...SKY!!』/Sphere-スフィア-
32 『Super Noisy Nova』/Sphere-スフィア-
33 『Future Stream』/Sphere-スフィア-
34 『欲望∞』/GRANRODEO
35 『ROSEHIP‐BULLET』/GRANRODEO
36 『Once&Foever』/GRANRODEO
37 『MAXIMIZER』/JAM Project
38 『TRANCEFORMERS EVO. 』/JAM Project
39 『HERO』/JAM Project
40 『GONG〜SKILL』JAM Project
〜アンコール〜
EN-1 『RE:BRIDGE〜Return to oneself〜』/アニサマ2009テーマソング
EN-2 『evolution 〜for beloved one〜』/アニサマ2010テーマソング

参考:アニサマ公式ホームページ


昨年の様子をネットでみてその存在を知り、今年は行くしかない!ということで、好きな出演者の多い1日目に参加してまいりました。
昨年の大槻ケンヂと絶望少女達はマジで行きたかったなぁ....
これほどの後悔はなかなかできねぇ。



まずはfripside。
まぁ初参加だからはじめのほうにもってこられちゃうことはある程度予想していたけど、onlymyrailgunはもっと会場が温まってからやってほしかったorz
まさか1番手にもってくるとは....
でも曲のイントロですぐにサイリウムがオレンジ一色に染まったのは感動したb

そしてELISA。
この人は歌は数曲しっているけど、しゃべっているところは今回が初見。
て、ちょっと天然っぽくて普通にかわいい人だったw
なんか場を温めるのはかなりうまい人だなぁと思いますた。
何回か吹いてしまった。
RealForceはマジで盛り上がったなぁ...「エーリサ、ハイ!エーリサ!ハイ!...」

あと楽しみにしていた石川智晶さん。
逆光は予想していたけど、まさかもう一色もBASARAで来るとは....。
BASARA知らない自分にはちょっと残念...。
古いけどアンインストールとかFirstPainとか歌ってほしかったなぁ。
でもやっぱ智晶さん。その人気はあいかわらずでした!
「みんな元気〜〜!?」
「うぉぉぉぉおぉぉぉぉぉ!!!」
「元気だねぇ。その元気を何か別のことにつかったらぁ?(笑顔」
....グサッ

ここからスーパーニコニコタイム。
nomicoとgom。
nomicoはBadApple!!一曲歌ったらコメントもなく早々に退場してしまった。
かっこよかったけど。
あと、スクリーンにあの影絵が映ってて、なんか知らんけどちょっと感動した...
gomはブラックロックシューターが盛り上がった。
gomらしくもうちょっとはじけてもよかったかなぁ...。
あと個人的にはおっくせんまんを期待してたけど、やはり来なかったかぁorz

この後LiaさんはじめとするAB組が終わってからは、しばらく知らない曲ばかり....
スフィアは寿さん以外全員名前知ってたのに、曲の知識は皆無。
とりあえずみんなにあわせてサイリウムを振る作業。

そして最後にやはり来ましたJAM。
しょっぱなでOP的にレスキューファイアーを歌ってそのままひっこんでたからやはり来るとは思ったが.....それにしても登場するまでの「ひき」が長すぎた気がするw
SKILLは燃え尽きたなぁ....
いったいどんだけmottomotto言わせるんだよww

2日目があるから1日目のクライマックスはあっけなく終わるんかなぁと思ってたら、全然そんなことなく、もうこれで今年のクライマックスだろってぐらいの盛り上がりよう。
2日目も行きたかったけど、十分に満足できる内容でした。
てか2日目のセットリスト見たら、シークレットゲストでkotokoさん来てるじゃないですか!?
ついにアイブもアニサマに参戦かな....
これは来年川田さんに大いに期待!!

つーわけで本当に楽しい1日でした。
来年は2日分のチケットを用意するぞ!!







ああ....年に一度の現実逃避が終わってしまったorz

燃え尽きた!俺の律ウィニー!!<プレメモ大会レポ>

2記事連続大会レポです。

今日は割と近所のカードショップでの大会。
前回の大会は総勢5名の参戦という、いまだ地方では過疎のひどいプレメモ。
今回はどうだろと店内へ。
すると、それらしき人々が7,8人いるではありませんか!
おお、これは今日はなかなかの激戦になりそうな予感.....。

エントリーして大会開始時間。
スコアシートがデュエルスペースに配置されます。
すると店主が一言
「それでは、1本勝負で行います」

...!?

え?スイスドローだからこの人数なら4,5戦はやるはずでは?
ふと周りのプレイヤーたちを見ると、プレメモのデッキを出している人は皆無。
みんな遊戯王やらデュエマやらでしたorz
つまり参加者は今まさに対自している人と自分の2名。
ひどい過疎だorz

まぁとにかくそんなこんなで1本勝負を始めることに。
お互いのデッキをカットアンドシャッフル。
相手のスリーブはあずにゃん。
ということは、ネコミミの可能性がたかいな....と、なんとなく予想してみる。
ネコミミはこのデッキの天敵だから予想が外れるといいのに...。
ちなみに自分はいつも通りの嫁ウィニー(律ウィニー)
まぁとにかくそんなこんなで開戦。

○決勝戦
VSネコミミ

先攻とられて即3コスのネコミミあずにゃん登場。
うお!マジかよ!?
これはマズイ...。
予想的中・ウィニーの天敵ネコミミ。
しかもこちとらスペシウム律がマリガンしても手札にこないという事故っぷり。
負けフラグが立つ中自分のターンに。
とりあえずスペシウムがない以上、特攻をかけることができないので律を数体登場させてエンド。
その後相手は順調に2コスのネコミミ必須キャラや、メイドあずにゃんを展開。
こっちはあいかわらずの事故だが、なんとか5体律ちゃんを展開。
場が硬直しかけたところで、相手がアプローチを開始。
ダメージ食らうも、部費などをうちつつ相手のキャラが寝たところをついて特攻。
ここからはあんまり途中経過を覚えてないですが、とりあえずのこり2点に追い込み。
とはいっても、こちらは6点食らってあとがない。
相手の場はキャラが数体寝ており、1体のみ活動状態。
こちらは0コス律ちゃんが1体展開。

「ここで決めねばやられる!」

ここで駄々っ子がハンドにあればおいしいけど、世の中そううまくはいかないもの。
とりあえずソースをフルに使ってのぞき見律ちゃんとスペシウム律を展開。
残り2点で、向こうは1体活動状態、こちらは3体アプローチ可能。
このまま何も起こらなければ勝てるはず。
ここで部費がハンドにあればおいしいけど、世の中そううま(ry

「さぁ喰らえ、おれの律ウィニーーー!」

とりあえずのぞき見律ちゃんでピーピング。
ふむふむ.....下校中やら梓暴走やら寝言やら.....。
....寝言.....
...寝言!?

\(^0^)/オワタ

のぞき見律ちゃんはアプローチ通って1点。
ダメ元でのこり2体もアプローチ。
当然のごとく1体は活動状態だったキャラに妨害され、あとは寝言で妨害。
屈辱の相手ターン。
こちらの場は全員寝ている状態で相手はファッティなど5体を展開。
フツーに何もできず敗北...。

やはりウィニーはスペシウムが初手でこないとかなりキツイ...。
そしてネコミミこわい。

ということで、大会なのに1戦で終了。
上位賞は、とりあえず相手が澪をもっていったので自分はムギのんをゲット。
これで律ちゃんとムギのんをゲットしたので、あとは澪だけ。

大会だぜと意気込んできたのに、1戦で終了というのはお互い不完全燃焼。
時間もお互いあるようだし、普通に大会関係なしでバトルことに。
2,3戦やったけど、こっちが律5体でウィニーかけたら向こうが寝言3枚連続でうってそげぶされたり、逆にこっちが律5体で完全燃焼してアド稼いだりしてうんぬん...。
結局勝利したのは1戦のみ。
いくら相手がネコミミとはいえ、やっぱ安定しないなぁ..。

その後ヴァイスの話題になり、ヴァイスもすることに。
こちらは本デッキで攻めたところ、向こうは上条さんデッキで、スリーブはレールガン。
「こ、コイツとはうまい酒がのめそうだ...!」

ちなみに自分も上条さんデッキ愛用者。
しかもその後向こうが本デッキを展開。
「こ、コイツとはうまい酒がのめそ(ry」

縁もたけなわ、時間も遅くなったのでラスト1戦。
こちらはclannadで攻めることに。
すると相手の先攻ターン、渚が展開。
「こ、コイツとはう(ry」

なんか大会がおまけで、そのあとの交流戦(?)が本番みたいな感じの大会でした。
大会は負けたけど、でも楽しかったからおk。
いよいよ次のあずにゃん争奪戦に向けてデッキを調整せねば。
次回はホビステだから強豪が集うはず。








帰り際に相手がひとこと。
「いやぁ、プレメモ初めて今日がまだ5日目なんですよぉ」
......orz


燃え尽きろ!俺の律ウィニー!!<プレメモ大会レポ>

 プレメモ公認大会初参戦。

デッキテーマは
「完全燃焼型おでこ駄々っ子歌詞作成中律ウィニー」
純粋な律ウィニーに、澪のドロー加速、完全燃焼のバウンス、さらにフィニッシュ要因の駄々っ子を付加したもの。

家からちょっと遠い本屋さんでの大会でした。

参加者5名のスイスドロー。
全部で3戦行われました。
人数が奇数なんで毎回一人は不戦勝がでるわけですが、自分は幸か不幸か一度も当たらず。

○第1回戦
VS律ウィニー(ミラーマッチ)

じゃんけん負けて後攻から始まりましたが、相手がいきなり律を展開。
これはまさか...と思いましたが、次のターン僕も律を展開したところ相手も感づいた模様。
(大会初参戦にしていきなりミラー!しかもミラーだとやりにくい律ウィニー!!)
あせりましたが、とりあえず手札は良好だったのでとりあえずアプローチ要因の2コス律を3対展開。
とどめにスペシウム律登場!
4体でアプローチ!
相手は4コスアクティブ持ちの律を1対展開していたので一回だけ妨害されましたが、とりあえず順調に3点通りました。
その後2ターンほどお互い硬直。
相手が数対殴ってきたり、こっちがそれを妨害したりでお互い点入らず。
ハンド消費の激しい律ウィニーは、どうしても2ターン目以降速度が落ちます。
しかし相手のターン、スペシウムはいないですが、地道に展開されていた律4体でのアプローチラッシュ!
4点くらいました。
これでこちらの劣勢...。
とおもいきや、そうではなかった。
相手は1体しか活動状態でない状態。そしてのこりは4点。
自分の場には律が1体のみ。
普通に考えればまだまだ硬直する状況。
しかしそこで硬直による豊富なハンドをフル活用して律を3体展開。
さらにスペシウム律で全員アクティブ!
とどめにパン唯防止の「部費で落ちませんか」発動!

さぁ喰らえ!これが律ウィニーだ!!

そのまま4点通って勝利♪
初戦にしてはなかなかぶん回っていい試合だった。
しかし相手は終わってから話してみると完全なウィニーではないご様子。
ファッティが数対積んであったみたいです。

○2回戦
VS学園祭ファッティ(?)

こちらは相手が後攻を選択したので先攻からのスタート。
律ウィニーはコンセプトが初回にばれたら終わりなので、とりあえず控えめにたんこぶ律を1体だけ展開。
たんこぶ律は汎用性高いから律ウィニーにかぎらずいろいろなデッキに入るため、これでばれる確率は低いはず。
そして相手ターン。
いきなり学園祭の澪を展開。
そして歌詞作成中でドロー加速。
(律ウィニー相手に後攻1ターン目で前列キャラを寝かしてしまうとは....おろかなり)
とか頭の中で余裕ぶっこいてるとファッティ唯が展開。
ということで1体のみ立っている状態でターンエンド。
律ウィニーにとっては最高の状況。
しかしこういう時に限って手札は事故るもの。
正確な内容は覚えてないけど、ほとんどイベントで、律が展開でいないような手札だった気が。
どうにかして律1体とスペシウムを展開。
3体でアプローチ。
1点防がれ2点通り。
まったくもって好調でないすべり出し。
その後、相手はちゃくちゃくとファッティを展開。
こちらは完全に事故っており、0/1の澪を寝かして歌詞作成中でドロー加速するも、よろしくないハンド。
そうこうしているうちにファッティで順調に殴られて気付けば4点に。
スペシウムが来ないため、とりあえず律を4体展開するも殴れず。
そして相手ターン。
いつの間にか4体展開されていたファッティたち。
まさかの総攻撃を食らいました。
とりあえず打点は通したくなかったので2コス律でフル妨害でフルボッコ。
この時点で相手は2点で、こちらは4点。
ヤヴェェ....。
ドローするもスペシウムこず。
しかしそのとき手札に完全燃焼が!!
これは、まさにファッティ対策を使うとき!
しかし相手フィールドを見ると全員寝ているという始末。
使っても自分の律が全部戻るだけorz
ということで殴れず。
その後やけくそで駄々っ子うって1点通すも、すぐに回復ムギで回復されるorz
さらにやけくそで総攻撃をしかけるも、まさかの「くしゃみ」がブレイク!!(はじめて見た
どん底からさらにどん底に引き落とされた気分。
パワーで劣るこちらはなかなか殴れず、最後に向こうのファッティ5体アタックで全滅。
完敗だぜ....。

一番得意な相手のはずのファッティになぜか完敗。
やはり完全燃焼が枚数不足で2積みなのが原因だろうか..。

○3回戦
VSネコミミ梓にゃん

天敵ネコミミ。
先攻スタート。
ネコミミはファッティというより、2コスのネコミミ唯とネコミミ梓を展開していくのが基本なため、つまり1ターン目からキャラを複数展開されやすい。
つまり律ウィニーには天敵なのだ!
おまけに初手で手札にスペシウムこず。
ドロー加速を図るもスペシウムこず。
おまけに相手側にはネコミミ装備してるとアプローチ時に妨害キャラをAP-20する梓、メイド梓をはじめ5体展開。
もうなんだか絶望してきたorz
しかしこちらも律を地道に展開し、相手がアプローチ後に寝ているところをついてアタック。
さらにスペシウムこそないが、地道に5体展開した律で総攻撃。
なんだかんだで相手4点、こちらも4点。
相手がネコミミにしては硬派で、なかなか殴ってこなかったのが幸い。
そして硬直。
豊富になったハンドを見ると、駄々っ子が3枚。
そして前ターンののぞき見ピーピング律で相手のハンドを確認したところ、その時点では「ほうきでバンド」や「拒否反応」は持っていなかったご様子。
当然その後2ドローしているため不確定だが、まぁでもその2枚に妨害カードが入っている可能性など微々たるもの。
あと3点通せば勝ちで、ハンドは9枚。駄々っ子が3枚。
ポイントエリアで使えるコストは2×3の6ソース。
フィールドには律が3体展開。
これはもう駄々っ子律しろといっているとしか思えない。
そんなわけでポイントエリアのソースフルに使ってそれぞれ天然8、7、6を付与。
(一応通らなかったときに次のターンのことを考えて妨害要員を2体展開)
さぁ、これがすべて通れば終わり。
「アプローチフェイズはいりますがよろしいですか?」
「どうぞ。」
この瞬間、勝ちはほぼ確定。
アプローチフェイズに相手のカードを寝かせるイベントなんて、僕の記憶のなかではないはず。
まぁもしポイントブレイクで「くしゃみ」とか「げんこつ」でたら終わりだけど。
とにかくもうこれしか俺に勝ち目はない!

さぁ喰らえ!これが律ウィ......駄々っ子律だ!!

そのまま3点通って勝利b

しかし律ウィニーなのにスペシウムが一度も手札にこないという前代未聞の事故。
ほんと駄々っ子なかったら負けてたorz
ていうか相手の人は「駄々っ子」の存在を知らなかったみたいだ。
テキストを読んで「なん....だと!?」て言ってたし。



そんなわけで2勝1敗。
全勝して勝ち点9点の人が優勝。
2勝して勝ち点6点が僕ともう一人(学園祭の人)。
しかしもう一人の人は勝ち点6点の状態のひとと対戦していたため、第2判定基準でその人が2位orz
結果自分は3位でした。

狙ってたのはメイド律ちゃんだけど、なんか上位の二人がメイド律ちゃんとらなかったから3位でも目当てのカードをゲット♪


大会初参選にしては自分なりになかなかの戦績だったと過大評価してみる。
とはいえ、完全燃焼型なのに完全燃焼を一度も発動できなかったり、結局純粋な律ウィニーとして勝利したのは1回戦だけということで、まだまだデッキ調整、ならびに自分の頭調整(プレイング)が必要だと痛感。
次回のホビステ夏休みメイド梓争奪戦までにどうにかしておかねば!!

ということで、大会レポートでした〜。








勝ち点9点の人と戦ってみたかったぜ。

大須なう〜

 アニメレビューとゲーム制作日記という名目で始めたこのブログ。

レビューの更新スパンは長く、ゲームの方はまだ1回も書いてないという体たらく。
時間的余裕がないとはいえひどい有様...orz

まぁそれはさておき、今日は名古屋の大須へ行ってまいりました。
目的はTCGのシングル購入。
地元はどちらかというと田舎なのでTCGショップが希少なのです。
なのでちょっとというかかなり電車代はかかりましたが品揃えのいい名古屋へと赴きました。
やはり大須は違う。
ちょっと歩けばすぐにTCGショップがあるではないですか!
しかも品ぞろえもけた違い。
ただ値段はちょっと張りますが...。
そんなこんなで大須を練り歩きました。
今日はPM(プレシャスメモリーズ)のシングルを購入目的。
律ちゃんデッキを作るために2,3店舗回りました。
高い交通費かけてきたからにはたくさん収穫せねば...という考えと、なんか知らんけど慣れない土地に来たせいか狂ってしまった金銭感覚も相まって普段では考えられないぐらいの量を購入。
帰宅後にレシート整理してたらなんか悲しくなってきたorz。
こんな紙切れの束のために大金を...。
まぁでも紙切れ(お札)で購入したわけだから等価交換だよね!(

でもでもやはり品揃えの良いおかげで、だいたいほしいカードはそろいました。
あとはこれをもとにデッキ構築して、週末の大会にそなえます。
実はTCGの大会に出た経験がないのでちょっと緊張です。
PM以外にも遊戯王とかやってるんですけど、どうも「小さなお友達」の中に「大きなお友達」として参戦する図を想像すると参加する気がおきませんでした。
PMならきっと大きなお友達が多い...はず。
結構頭使うし、参戦タイトルがどう考えても大きな(ry向けだし、まぁ低くても厨房あたりしかいないでしょう。

とまぁ、今日は一日紙束と格闘していたわけです。
バイトのシフトも入ってなかったので夏休みという感じのした一日でした。






なんだこの普通の日記(ブログ)は....。

ムダヅモ無き漢検

 明日漢検をうけます。

とはいっても2級。
1級、準1級でもなく2級。
所詮2級。されど2級。

2級。

なぜか大学生で2級を受けます。
まぁこれにはとくに深くもないわけがありまして。
高校生の時に2級を受けるつもりだったんですが、どうも検定の時期に忙しくなってしまい、あえなく断念したのです。
それで、大学生になって少し暇ができたので受けてやるか、と。
せっかくなら1級とか受ければいいのですが、やっぱりあの辺になってくるともう実用性とか関係なく趣味の世界なんじゃないかなぁと思い、受験率も高い2級にしました。
検定勉強を始めた時、普通に読み・書きは問題なかったのですが、四字熟語と部首がボロボロ。
四字熟語なんてある程度知っているつもりだったのに、意外と知らないものが多かったです。
結構時間かけて覚えましたが、やはり覚えてしまえばこっちのもので、今では割と点取り問題となっております。
部首は受験前日(とはいってももう日付変わってるから実質今日か...)にもかかわらずいまだによくわかりません。
一定のルールがあるのかと思いきや、かなり例外が多い。
半分ぐらいは勘で書いてますw

受験場所は、とある中学校。
懐かしの木の机と木の椅子に座ることになるのでしょう。
なんだか義務教育に戻る気分です。

ああ、受験者なんてきっと高校生とか中学生が大半なんでしょうね。
初々しい生徒さん達の中にポツンと一人だけ老けた大学生が一人。
「え〜〜!?きっもーい!2級?」
「2級が許されるのは、高校生までだよね〜〜」
「キャハハハハハハハハ」
言いかえせねぇorz

友人にも言われました。
「なぜに今頃漢検w暇があるんだったら国家試験とか勉強したらいいww」
まさにその通り。的を射ています。
高度情報でも勉強しとけばよかったw
今からじゃ秋にはもう間に合わないかも。

閑話休題。
ともかく、大事なお金を払って、時間を割いた以上は合格してきます。
まぁ2級なら、持ってればギリギリ役に立つラインでしょう....たぶん。
もってないよりはいいはず。
ていうか漢検ディスってすみませんw
あと僕みたいに高校卒業した人で2級を受験する人もなんかすみませんw
ただの自虐ですのでお気になさらぬよう...。
では、そろそろ床に就くとします。




これで漢検終われば、今まで勉強時間だった部分をアニメに充てられ(ry

おかえり「はやぶさ」先生

 おかえりなさい。
画像:読売新聞
動画:和歌山大

7年越しにぼくらの宇宙探査機「はやぶさ」が帰還しました。
帰還とは言っても、本体は大気圏で燃え尽きてしまったわけですが、試料の入ったカプセルは無事に地上に落下したようです。(まだはっきりとした情報は入ってませんが)

自分は特に宇宙探査に詳しいわけでも強い興味を持っているわけでもありませんが、ライブ映像とか読売さんの神写真とかみたらなんだか感無量で、感動してしまいました。
なんでも太陽系の発生時代からの小惑星の石を持ってくるのが「はやぶさ」の使命だったとか。
今後の宇宙や地球の研究に大いに役立つことでしょう。

おかえり、ありがとう、そしてさようなら、「はやぶさ」!




ホントは龍馬伝のレビュー書く予定だったのに、ライブ映像見た結果がこれだよ。

とうま〜、ゲーム買ってぇぇ〜(とある魔術の禁書目録PSPゲーム化)

 ついにキターーーー!へ(^0^)へ
PSP専用格闘アクション「とある魔術の禁書目録」

漫画化、アニメ化、スピンオフ、TCG化、と順調に歩を進めてきた禁書目録。
ついに念願のゲーム化であります。
ラノベのゲーム化なので、てっきりシミュレーション系かと思いきやまさかの格ゲー(3D)。
詳しいゲームシステムはまだ未発表のようですが、3Dですしまぁガチな格ゲー(KOFとか)ではないでしょう。
まぁそんなことよりも禁書のキャラを自分で動かせるってのがうれしいですね。
やりこめるかどうかは別として、また、まわりで流行って対戦相手がいるのかどうかは別として、とにかく純粋にうれしいです。
発売は今冬(店によっては12/31という情報も)ということですのでまだまだ先の話ですが、楽しみでなりません。
アニメの2期が今冬に放映されるようなので、それに合わせるのでしょう。
特別版と通常版があって、特別版には美琴のフィギュアがついてきます。
(あれ?おかしいな?たしかこの作品のヒロインはインデッk....(ry)

今のところキャラクターは上条さん・禁書目録・一通さん・美琴の4人が公式発表されているようですね。
オリジナルストーリー(?)のストーリーモードもあるらしいので、また鎌池さんのシナリオに期待ですし、当然通信対戦モードもあるとのことなので、これは上条さんを極めるしかありません。
まぁたぶんアニメの方に準拠して制作されていると思うので、登場するキャラクターはアニメ1期分、よくても同時期に放送予定の2期分まででしょう。
1期が原作6巻ぐらいまでの内容だったので、同ペースで考えると2期は原作12巻程度...。
残念ながら「神の右席」のところまでは到達しなさそうですね。
格ゲーなんでアックアとか騎士団長とかでてきたら超盛り上がりそうなんですが、そこはまぁ期待しないでおくとします。

あぁ......冬が待ち遠しいなぁ..。






PSP買ってマジでよかった。

PlayStationPurchase

 最近なかなかアニメを見る時間がない。
一応ちょっとずつ消化しているんですが、レビュー書こうにも見るタイミングが遅いのでタイムリーな話題が書けないのですorz
そして消化する時間がない要因のひとつがコレ↓↓

PSP

先日の買い物内容。
いろいろとカオスですが、メインはPSP3000(もちのろん新品)。
3000とか今更感MAXですが、貧民だったこの僕もついにブルジョワジーの方々に仲間入りです。
バイトはしてるけど車校の出費を賄ってたらなかなか余裕がなかった...。

いや〜〜しかしPSPすごいですね。
とにかく画質がいい。
ニンテン○ーDSとは根本的に違う。
それになんだか高級感MAXで、自分で触って機体に指紋をつけてしまうことすら罰あたりな気がします。
ゲーム機なのにゲーム機って感じがしないです。
壁紙も自由に設定できるし、音楽やビデオも入れられる。
なによりセーブデータがMemoryStickDuoに保存されるということで、パソコンを介せばいろいろあんなことやこんなことなど遊びたい放題!
そして痛PSPも作りたい放題!!
買い物してこんなにワクワクしたのは久しぶりです。

ただちょっと残念なのはUMDですね。
とりあえず2つほどソフトを購入したのですが、どちらも読み込みが長い...。
DSなんかはソフトがカード形式なのでローディング超速いですが、やはりディスクはどうしても時間がかかるようですね。
欲を言えばそこだけ残念かなぁ.......。

アニメ見つつ少しずつソフトも増やしていこう。
自分の場合本来の「ゲームソフトで遊ぶ」ことよりも他の機能をいじくりまわす時間の方が長くなりそうですがw。





世間はiPADで騒いでるのに、俺はPSPの旧型モデルで騒いでるよ.....orz


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM