スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

武装集団<とある魔術の禁書目録 #24>レビュー

 第24話「武装集団(スキルアウト)」。
半年間のフィナーレです。

 グループの一員となった一通さん。
初任務ということでスキルアウトのリーダーをつぶしに行きます。
しかし先にそこには同じグループメンバーの結標淡希が...。


座標移動を駆使した戦闘がすごくカッコイイ。
身の回りにあるもの全てが武器となり防具となる。

しかしその座標移動のスピードを上回る駒場利徳
11次元の話はよくわからないけど、瞬間的な移動よりも速く移動する駒場さんチートすぎw
特殊なテーピングで強化しているみたいだけど、それでも異様な運動神経。きn
ていうかこれで「少年」だからビックリ。
あっけなくやられるレベル4のあわきん。
なんかもう一通さんの時と言い、自分の中ではあわきさんがヤラレ役でしかない...。
強いはずなのに..。


そしてオープニング無で表示されるタイトルロゴ。
15話あたりもこんな感じだったけど、この演出が最終回っぽくて大好き。


次に立ちふさがるは一方通行。
言って見ればレベル0のボスVSレベル5のボス。
最弱の最強と最強の最強のバトル。
勝負は一瞬でつくはず。

反射の力で飛び上がる一通さん。
カァックィィィィイイイイイイ!惚れちゃいそうだぜ一方通行ァァァァーーー!!

しかし口が渇いたのかおもむろに正体不明の缶を取り出す駒場。
そして蹴破る。

飛び散ったのは攪乱の羽(チャフシード)。
なんでも電波障害を引き起こすとか。
一通さんがミサカネットワークの代理演算に頼っていることを事前に調べていたのか、それとも攪乱の羽は常備していて、電極を見て瞬時に使用したのか....。
いずれにせよ準備周到な駒場。
さすがはスキルアウトのボス。
能力が無い分、肉弾戦や情報戦には慣れている模様。

能力を完全に奪われた一通さんはもはや普通の人間。
武器を使いはするも、普段能力に頼り切っている人間が肉弾戦に長けた相手にかなうはずもなく...。
代理演算が不要な時代に、体術の強化をしなかったツケが今に回ってきたといったところ。
まぁ当時はそんなこと予想もつかなかっただろうから仕方ないと言えば仕方ない。
体が華奢だから能力なくなるとなんか惨めに思えてしまう...。

そしてチェックメイト。
まぁ結局勝つわけですが。
それにしても布切れ一枚はがすだけで無効化できてしまうとは...駒場のリーダーはもう少しその辺に頭が行かなかったのだろうか(--;

駒場の携帯。
新約読んでると分かるけど、少女の方はおそらくフレメア。
ていうか新約の内容はアニメ挟終盤を少なからず意識しているような気がしないでもない。

スキルアウトの暴動のきっかけを聞いて苦い顔をする一通さん。
これを見ただけで「自分と同じような境遇にある」と一瞬で判断した駒場すごいな。

最後は自殺。
一応一通さんに向かって撃ったとはいえ、彼の無意識な反射によって駒場に命中。
これを他殺とはいえないでしょう。

そして死んだかと思いきやちゃっかり生きてたあわきさん。
あの出血量でこの健康体。
打たれづよい....のか?


場面は変わって夜の学園都市。
酔っぱらった一通さんの前には美鈴さんが。

学園都市第1位を酔いの勢いで2度も倒れさせる美鈴さん。
過去の一通さんなら確実に殺してたはず...。

ああ、あの第3位も将来こんな風になるのか...と思うと非常に残念。
やっぱり美琴よりインデックスだな。
インデックスは順当に成長すればローラさんみたいになるらしい(灰村さん談)。
いやでもそれは見てくれの話で性格は不明か...。

一通さんの後に通りかかったのは鍋パーティ帰りの上条さんとインデックス。
またしても美鈴さんとフラグの立った上条さんに理不尽な怒りを向けるインデックス。
なんかこの立ち絵好きだ....。

そして所は変わって断崖大学。

はあぁーまづらぁぁぁぁぁ!!!?
郡登場かと思いきやギリギリ登場の浜面仕上
にしても外見も声も総じてイケメンすぎるw
自分の中での浜面のイメージが音を立てて崩れていく....。
しかし昨日の今日でスキルアウトのボスになったところ。
ほかのメンバーからは信用されていない御様子。

「アホかあの女ーー!」

例のごとくと言うか厄介事にからんでくる上条さん。
どこから持ってきたのか防弾ガラスを使って生と死の狭間をさまよう。
ていうか「あの女」とか意外と口悪いな上条さんw


上条さん対浜面戦。
実質今期最後の戦い。
同じレベル0同士とはいえ、相手は普段からケンカに慣れているスキルアウト。
苦戦する上条さん。

とはいえそこに怒りが加われば強くなるのも上条さん。

説教とともに正義の鉄槌を下します。

よくある最後の一騎打ち。
勝敗は言うまでもなし...。
ていうかよくよく考えたら、この時点でヒーロー3人が集結していたということになるのか....。

そしてエンディング。

グループ集結。
一方通行
海原光貴
土御門元春
結標淡希
もはや最強の布陣...。
ここでSSを放送したということは、郡では15巻の科学戦があるということかな.....グループが活躍するという点でも非常に楽しみ。


ツンの美琴。
パジャマが小学生並み.....。

夜遅くも活動する風紀委員177支部。
しかしこの場面どっかで見た気が....使いまわし?

魔術の達人でも科学に疎いねーちん。
洗濯機と奮闘。がんばってね。

なんか変な組み合わせ。
他のキャラとからませにくい二人を無理矢理組合わせ(ry

色んな意味で「保護者」たちの晩酌。
しかし芳川さんはいつも白衣なのか....。

学習装置で脳にウィルスをぶち込まれて休養中の打ち止め。
このカットが今期で一番いいかも。
隣にカエル顔がいたけど....なんかもう画像はいいや。


そしてお約束。
戦闘後に病院で休む上条さんのもとに駆け寄るインデックス。
当然のごとく無理をする上条さんに怒り心頭。

毎回思うけどスフィンクスとインデックスは意思疎通ができるのだろうか。
そしてラストカット。
鬼と同じ感じやなぁ.....しかし郡はストーリー的にこれできるのかな....。
ともかくPROJECT-INDEX供△疲れ様でした。



ついに.....終わってしまいました挟。
毎度ながらJ.C.STAFFさんのキレイな作画のもと、インデックスと上条さんの活躍を見ることができました。
天草式やアニェーゼ部隊と戦ったり、運動会で運び屋さんと追いかけっこしたり、ヴェネツィアで氷の船に乗ったり、木原神拳が炸裂したり、スキルアウトと戦ったり....今期も内容盛りだくさんで大満足です。
いよいよ右席もからんできたことですし、郡は右席無双かな....。
アックアの活躍に期待。
しかしまぁ原作なしでは内容が理解できない...。
内容が濃いので仕方ないのかもしれませんが、これだけは他のアニメに比べて致命的。
下手すると何度も行ってますがホントにインデックスや美琴がかわいい・上条さんや一通さんカッコイイというだけのアニメに...。
おおまかな流れは分かっても、発言やら感情表現の意味をすべて拾うのは原作小説なしでは不可能に近い状態...。
かといっていちいちていねいにやってたら話もすすみませんし....難しいところ。
なにはともあれ、この半年間は毎週放送が楽しみでした。
楽しみがなくなってしまうのは残念ですが、禁書ファンとして郡をゆっくり待つことにしましょう。

そして最後に今回のインデックスさんのハイライトカット。
美鈴さんの発言に不機嫌になるも、上条さんの危機を感じて慌てる禁書さん。


「わわぁ....インデックス!私はインデックス!!」




.....先に超電磁砲挟がくるかな...?


スポンサーサイト

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM