スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

学習装置<とある魔術の禁書目録 #21>レビュー

 第21話「学習装置(テスタメント)」。
科学と魔術が交差するとき、物語ははじまる。

 一通さんVS木原くん
上条さんVSヴェント
戦闘はさらに激化します。


かつて死闘を繰り広げたライバル同士が久々にじかに話してます。
上条さんの声が出かかったのか、しかめっ面になる一通さんがちょっと面白い。


一連の事件の黒幕が統括理事長(アレイスター)だと判断した一通さんは怒りに身を任せて近くにあったビルを「窓の無いビル」に向かって放ちます。





これネタだろw
J.C.STAFFさんの描くきれいな背景のままビルがスライドして行く様はなんだかシュール..。
それでもビクともしない窓の無いビル。


上条さんと合流するヒロイン二人。
この3人がそろえばもう安心です。


ヴェントは敵意や嫌悪感をキーとして魔術を発動しているかも...。
さすがは魔道書図書館インデックス。
完全記憶能力は伊達じゃないです。


ヒューズ=カザキリについて聞くため片っ端から電話をかける上条さん。
せっぱつまっているとはいえ戦闘中の美琴にかけるとかマジ鬼畜w


学習装置にかけられる打ち止め。
「脳に直接ウィルスをぶち込む」そうですが、恐ろしいものですね。
学習装置という名前からすると睡眠学習器具のような便利な物を想像してしまうわけですが。
にしてもミサカネットワークにはノートン先生はインストールされていないのでしょうか。


高層ビルの窓から登場(しかも上から)の一通さんマジかっこいい。
前回は木原神拳に敗れましたが、今度こそ逆転となるか。
まずは周りのザコ(猟犬部隊)から倒します。

射殺

爆殺

打殺

そしてこの顔である。
ていうか木原クンも反射使わずに上記のような倒し方をすれば一発で(ry


もはやただの道具と化してしまったヒューズ=カザキリ。
描写がキツイですが、原作に忠実です。

そして登場前方のヴェント。
この人いちいち立ち絵がかっこいい。

さてはて、一通さんも上条さんも再び天敵と出くわし、いよいよクライマックスといった感じですね。
世紀末的雰囲気のただよう学園都市で、この2クールを締めくくる戦いが始まります。
科学と魔術が交差するのです。
そして最後に今回のインデックスさんのハイライトカット。
友達思いのシスターさんなのです。

「ひょうかは私がなんとかするから、
だからひょうかに手を出さないで!」





...ヴェントの中の人は嫌悪感をださせるように演技してたわけで....大変だな

スポンサーサイト

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • 01:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM