スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

検体番号<とある魔術の禁書目録 #18>レビュー

 第18話「検体番号(シリアルナンバー)」。
まだまだカオスな笑って過ごせる禁書。

前回に引きつづき日常パートが続きます。
前ほどカオスではありませんが、インデックスと打ち止めがちょっと面白い事になります。
あと若干のシリアスが見え隠れ.....。

足湯をのんびり楽しもうとするローラ=スチュアート。
そこに怒り心頭で何か報告書のようなものを持って入ってくるステイル=マグヌス。

お湯が全て蒸発するほどの火力でローランさんを攻撃。
レディになんてことをするんだ14歳
でもってバスタブが無駄に多いw

全自動洗濯機を前に翻弄されるイギリス清教徒たち。
神裂ねーちんはともかく、洗濯機を使いたいがために自分が着てる服を脱ぐオルソラたちは好奇心旺盛。

よくよく考えるとスゴイ絵面だな...。
ねーちんは着物がよく似合います。
そしてくぎゅううううはひとこともしゃべりませんでしたorz

上条さんの前に現れてゴーグルを打ち止めから取り返すのを手伝えと上目づかいで要求するミサカ10032号。
とりあえずゴーグルがないと美琴と見分けがつかないので、優しい上条さんはアクセサリーを買ってあげることに。
しかし一瞬でも指輪が買ってもらえると思った時のミサカのキラキラっぷりが半端無い。

近くにあった店でひよこドーナツを購入。
当然何のためらいもなく上条さんはパクリ。
ホントにひよこだと思ってたミサカはビックリ。

普通に考えたら勘違いするわけないんですけど、そりゃ生きてると思ってたらビックリしますよね。
そこにオリジナル(美琴さん)が登場。

今日の美琴は半端無く目つきが悪い
さらには打ち止めも登場。

いまここに、初めて御坂シリーズ全3種が結集しました。
上条さん御坂ハーレム状態。


黄泉川と電話で闇のお話をする一方通行。
今の彼と打ち止めの関係は、打ち止めからの好意の供給が絶たれれば崩れてしまうと指摘されます。
一通さんは他人に好意を向けないんですよね〜〜。
ネタパートにちょびっとこういうのが混ぜられてるのもいい演出です。
「好意」とか「悪意」とかを話の題材にするのもなんだか禁書のいいところですね。


打ち止めを探す一通さんと、上条さんを探すインデックス。
しかし上条さんが打ち止めと出会い、一通さんがインデックスと出会ってしまいます。
主人公格とそのパートナーが入れ替わるというおもしろイベント。
にしても見知らぬはらぺこシスターにご飯をおごってあげる一通さんはいい人すぎw
そしてご飯をおごってもらった見知らぬ人に人探しまで頼もうとしたインデックスさんが図々しいww(それが彼女のいいところですが)

そしてお互いのパートナーのもとへと帰っていく二人。
ここでもし一通さんと上条さんがはち合わせていたらどうなっていたことでしょうね??
まぁ打ち止めの一件があった今、一通さんが上条さんを殺しにかかるということはないと思いますが、そのままスルーってこともないんじゃないかなぁ....。

今回もネタ満載で面白禁書でした。
インデックスと一通さん、打ち止めと上条さんの絡みも非常にグッド。
御坂3種大集合もグッド。
ありそうでなかったシチュエーションがたくさん見られた感じです。
でも次回からは血みどろ.....!?
そして最後に今回のインデックスさんのハイライトカット。
ちょっとデジャブな台詞です。

「えっとね、私の名前はね、インデックスっていうんだよ?」




今回はなぜか美琴がチョイ役に見えた.....

スポンサーサイト

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • 02:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM