スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スケッチ×スイッチ・オレンジ×イエロー<プレメモ大会レポ>

  プレシャスメモリーズひだまり発売記念大会。
そのタイトル通り、レギュレーションではデッキ構築はひだまりスケッチのカードのみ。
偉そうに考察してみた。

正直言ってひだまりのカードは、前作のけいおんのカードに比べてバランスが悪い。
けいおんはPMのシリーズ第1作ということもあり、攻めに関しても守りに関してもバランスのとれた環境だと思う。
しかしひだまりのカードは、圧倒的に攻めが強い。
逆に守りが弱すぎる。
[アプローチ/自分]で発動するコンバットトリックが潤沢にあるのに対し、下校中に代表されるような[アプローチ/相手]で発動できるコンバットトリックは皆無に等しい。

つまりひだまり単体とけいおん単体で戦った場合、妨害にも優れているけいおんが優位なように思える。
もちろん攻めの強いひだまりのカードと、妨害も強いけいおんのカードを組み合わせてデッキを構築してやれば、強力なデッキを構築できるだろう。
公認大会であれば、多くの人がそうすることだと思う。

しかし今回は発売記念。
攻めの強いひだまりのみの使用が可能。
ひだまり単体での勝負は今大会で初挑戦だったが、やはり妨害の際にけいおんとは違ってかなりやりにくさを感じた。
ちなみに今回は即興で作ったなずなオレンジ×イエローで参戦。
自分のアプローチ時に手札からなずなを一枚捨てることで、相手のキャラ1体のAPをターン終了時まで20下げる。
この効果を持ったなずなと、ゆの、宮子、そして天然[2]持ちの4コスキャラたちを主軸においてみた。

○決勝戦:VSドロー天然ファッティ
大会と銘打っている割に、雨天ということもあってか参加者は自分を含めて2人。
つまりはタイマンだ。
開戦20分前に完成したデッキなので、実際に回した経験などあるはずもない状況。
(頭の中でシミュレーションは何回もしたけどね!)
とりあえずまわしてみなきゃ始まらない。
そして開戦。
相手が天然[2]持ちの4コスキャラであるところのなずなを展開。
この時点でだいたい同じようなコンセプトなんだろうと推測。
現環境、ひだまりのカードのみで特定の属性を利用したテーマデッキを作るのは厳しいと思うので、大多数のひとは同じようなデッキ構築だと思われる。
ジャージやメガネデッキぐらいなら作れるのかもしれないが、けいおんも含めないと難しいだろう。
強いて言うならパープル×ピンクや、ブルー×ホワイトなどのイベントを中心に、キャラを組み合わせたデッキなら構築できるだろうが、テーマデッキとまでは言えない。
今度は相手がアプローチが通ると1ドロー30/30の吉野家先生展開してきた。
こちらは天然[2]もちのゆの30/40がいた。
普通に考えれば余裕で妨害できる。
しかしながら先述のように攻めが強いひだまりスケッチ。
10の差ぐらい簡単に詰められてしまう。
アプローチフェイズでのコンバットトリックも怖いが、メインフェイズでのパンプも十分に怖い。
メインでのパンプは先に上昇後の値がわかるので、コンバットトリックのように予想外にキャラを失うということはない分いい。
しかしひだまりでは下校中のように、妨害を強化するカードはほとんどない。
だったらコストの低いキャラで妨害すればいいだけの話だが、天然[2]持ちのキャラも多い現状。
なにげに3コスキャラが主軸で回ったりするのもわかる。
結局相手は吉野家先生をはじめ、アプローチ通ると捨て札置き場からキャラをサルベージするなずな、お花見、サポート大家さん、マッサージ、2コスのうめ先生など、ドロソカードをうまく展開していた。
また、ひなたぼっこも採用されていて頻繁にドローを繰り返していた。
ハンドアドを稼ぐのがうまいようだ。

結論をいえば勝利できた。
とはいってもあまり手札の回りはよくなく、スピードが遅かったように思う。
しかしコンバットトリックやパンプを使って慎重にボードアドを稼いでいたらどうにかなったようだ。
ただ、ほしいカードが手札に来ず、このデッキ本来の狙っていたような動きはできなかった。
まだ何度もデッキを回して考察する必要がある。
あと、ブルー×ホワイト(乃莉となずな)を主軸に置いたデッキがかなり面白そうだ。
また是非構築してみたい。


今回の大会や、デッキ構築時に思ったこと
・ひだまり単体環境なら、なずなが強い
・混合環境なら、乃莉またはプロモゆのが強い
・ドロソ吉野家先生はうまく使えば強い
・203号室は必須。
・4コスうめ先生は適切な運用方法がわからない
・天然[2]持ち4コスは想像以上にやっかい(使いやすい)
・登校中は意外と使い道がある
・サポートキャラが1体はほしい
・宮子は俺の嫁


以上。
とりあえず参加して思ったことは、ひだまり縛りが楽しいということ。
けいおんとは違った展開を楽しむことができる。
むしろ自分はこっちの環境のが向いているのかもしれない。
もちろんけいおんと混合にされると単体で迎え撃つのはきつい話だが。
とにかくいろんな人と、いろんなデッキと戦って、実戦経験を増やしていきたい。







なんで紙っきれゲーはこんなに金かかるんだよ!?コパフォがどうとかそういう次元の問題じゃねぇな、こりゃ!!! 

スポンサーサイト

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • 02:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/09/27 7:50 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM