スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

50件目の福音<みつどもえ#11>

  もう11話ですか。
毎週楽しみなみつどもえも、残念ながらあと少しで終わりです。
でもでも1月ごろから分割2期が放送予定らしいので、松岡さんの写経回(放送の保証はなし)が見たい方は要チェックです。
ではでは本題に。

エピソード1:みつばのおなかの話
みつばは普通に立絵を見る限りでは特に太ってない気がします。
にしても今回のあのおなかはすごかったw
触れたふたばがヘブン状態になるのも無理はありません。
そして翌日、ひとはがそそのかしたバイプシェイトベルト。
みつばは振動さえあれば痩せると勘違いし、携帯のバイブで腹筋運動を実感。
いくら杉崎さんのとはいえ、他人の携帯を勝手に持ち出すのはさすがメスぶ.....みつばさま。
当然ながら携帯盗難さわぎが勃発。
そしてオチはなぜか被害者の杉崎さんが辱めを受けるという...自業他得ですねこれは。
しかも携帯関係なくなってるw

エピソード2:みくママの脅威
ついに登場しましたね。みくママ。
いままでセリフまでちゃんとあった親は三つ子のお父さんぐらいでしょうか。
原作の方とごっちゃになってしまってるので言いきれませんが。
みてくれは非の打ちどころのない美人さんですが、性格は非の打ちどころしかないです。
みつばをも動揺さえるMっぷりは半端ないのです。
デパートで小学生に罵声を求める主婦。
どんな構図だよw
あの親からあの子が生まれたとは思えない...です。
まぁ子も十分性格には問題ありですが。

エピソード3:勘違い矢部っち
みつどもえは勘違いネタが多いです。
今回もその一つ。
ひとはと龍太の会話を聞いて、ひとはがガチレンベルトをつけていないのを下着をはいていないのと勘違いする矢部っち。
もうなんか栗山っちだけでなくこっちも天然キャラで良い気がしてきた。
ひとはを哀れむあまり、急ぎ下着を買ってきてあげるも、ベルトだと思っているひとはは断ります。
おまけに「先生でも似合いますよ!」とフォローでないフォローを入れられた矢部っちはショック。
そして「そんな趣味はない!」と、ひとはからしたら暴言を吐く矢部っちにひとはもショック。
そりゃそうなるわw
勘違いネタは見るたび毎回思うけど、なぜ両者ともそのカギとなるワードを出さないのか。
不自然なまでに。
て、それを行ってしまうと勘違いネタは成り立たないのですがw

エピソード4:2代目のベルト
龍太から譲り受けた2代目のベルトではしゃぐひとは。
なにやらボタンを押すと、ベルト中央についている「G」のロゴ部分が飛び出す仕様。
まずはみつばを攻撃!
波紋が広がりました。
つぎにふたばを攻撃!
キャッチされました。
みつばの波紋表現も笑ったけど、ふたばのキャッチは先読めてても笑ってしまったw
にしてもあのバネは戻すの大変そうだな。

エピソード5:ヒーリング☆ローリング
さぁ、はじまりました。
栗山っちの天然大会。
天然キャラは比較的好きなのですが、この先生だけはなぜか微妙にイラっとしてしまうw
黒歴史の尿回にしかり、毎回天然がひどすぎるw
いくら視力悪いとはいえ、上下赤い服で赤いランドセルってだけで全身血まみれってw(てかめがねをかけなさい
そして発動。
ヒーリング☆ローリング(包帯を巻く技)。
保健室での修行の数々。
いったい何やってんだこの先生は。
発射された包帯はみつばを見事にキャッチ&捕縛。
あの修行の結果がコレならこの人はもはや天然でなく天才。
捕縛されて視界を奪われたみつばは誘拐されたと勘違い。
必死にアジト(ホントは保健室)からの脱出を試みます。
なにげに杉崎さんたちに気を配っているところがみつばらしくてグッドです。
にしてもひどい被害妄想というか、想像力というか。
まぁ包帯巻きにしたままベッドに寝かせて放置する栗山っちもどうかと思いますが。


今回も原作に比べてだいぶ規制がかかってましたね。
まぁ深夜とはいえ民放なので仕方がない。
原作が原稿に比べてだいぶ規制のかかる某kmt氏に比べればまだまだ少ない方なのです。
それでは、次回も楽しみにして今日はこのへんで。





ホント今更だけど、伊藤さんの黒さはエンディングでも表現されていたことに気付いた...。

これだけだと分かりにくいけど、おがちんの夢も加藤さんと自身が入れ替わったもの。
ということは......今まで気付いていなかった方、お分かりいただけただろうか?

ふぇす行けなくてもアニメあるからいいよ!(キリッ<みつどもえ#10>

 レビューが遅いです。
仕方ないのです。うちの地方は1周遅れなのでね。

ちなみにさっき、今日行われたみつどもふぇすの楽屋裏生放送をニコニコで見てきました。
今年はお金とかの関係でさすがに東京までいけなかったのですが、生放送見てる限りではすごく面白そう。
ED担当のアツミさんも来てたみたいですしね。
コメ見ている限りではチケットが足りなかったぐらいの盛況ぶりだったようで。
全8話のみですが、2期も制作決定しているみたいですし、ぜひ2回目やってほしいなぁ。
2回目あったら何としてでも行こう。
あと名古屋にも来てー!!
そして今回の分はDVDとかBDで映像化しないのだろうか??

と、今回のレビュー。
みつば回でしたね。はい。
ちぢょの話から始まり、病気の話まで。
ちぢょの発音がなぜかすべて「ちゅぢょ」に聞こえたのはなぜだろう?
意図的にそう言っていたのか、そう聞こえただけなのか...うーん(^^;
まぁカワイイから許す!(カワイイは正義
そしてその会話を影からあの目で見るふたば。
むしろそっちに意識がいってしまいましたw

そしてひとはの私物が壊されるエピソード。
みくちゃんの弟君がおいはぎにあってましたね。
正直に謝るふたばに対し、見え透いた嘘で隠しとうそうとして失敗するみつば。
それぞれ性格が出ていて、その結果もいつもどうりでいい感じです。
にしてもひとははやさしいなw(ふたばに対して

病気パート。
妹が買ってきたプリンをなぎはらう...風邪ひいてもみつばはみつばですね。
お見舞いにきた吉岡さんとみくちゃんと宮なんとかさん。
買ってきたプリンがきちんとみつば好みの生クリームのせってところがこってましたねw
そして席替えの話をきっかけにいつもどおりの戦闘がはじまります。
てか戦闘の火種ってだけで席替えを使ったのはなぜでしょう。
席替えの内容についてのエピソードが気になった...
そしてオチは座薬が実はお父さんの痔の薬という...
これは原作でも声を出して笑った気がしますが、やはり吹いてしまいましたw
ちなみに晩御飯の、お米の盛ってある量が細かくて、いい仕事してると思いますた。

ああ、今回も面白かったなぁ。
次回はまたきわどそうな回ですが...
むぅ...ところによっては今日の深夜にもう見れるのか...うらやましい。
そしてコミックス最新10巻発売中!
みんな買うんだ!





毎回思うけど、戸松さんはのど大丈夫なんだろうか...。

楽しいガチレンごっこ<みつどもえ#9>

 久しぶりにアニメレビューを書く気がする..。

さて、毎回ながらこのアニメはきわどい表現が多いわけですが。
最近単行本も全てそろえて、7巻ぐらいまでは読み終えました。
アニメもさることながら原作もかなり面白くてお気に入りです。
原作だと初期はみつばがパッツンじゃなかったり、
ふたばがお父さんを他人に見せたがらなかったり、
アニメとの設定上の差異が発見できておもしろいです。

今回はなんだか変則的な回でした。
原作にはない新コーナー、矢部っちの部屋(?)。
みつばがゲストで、なんだかよくよく考えるとgdgdでしたが、「むしゃコラむしゃコラ」がカワイかったので何も問題ありません。
原作でも擬音語でたまに使われてますね〜。
ドラム缶風呂の話は、原作でもふきだしが一切ない話だったので、それに合わせてアニメもセリフなし。
なかなかシュールで面白かったです。
そして今回の目玉であろうスケートの話。
この話はふたば全開な感じで好きなのですが、エンディングまでひっぱったのはちょっとやりすぎかな...と。
引き際が肝心です。
若干くどかった気がしますねぇ.....。

まぁでも今回もなんだかんだで楽しませていただきました。
次回が楽しみ^^
今期一番来てるアニメです。






けいおん!!の泣き回のレビュー書こうと思ったのに書き忘れたけど今更書いても(ry

皇帝集合遊びますか?<みつどもえ#4>

 「みつどもえ」。

CLANNAD的な線の細かい絵も好きですが、あずまんが的な線の短絡的な絵も大好き。

というわけで今期のアニメをチェックしていたところ、みつどもえが後者に該当。

1話初見の感想は

「もうやだこの国orz...」

しかし2話、3話と回数を重ねるごと(「もうやだ」といいつつ一応毎週見てた)に

「次回まだぁ?フラゲまだぁ??」

という始末。

とりあえずキャラが全員かわいい。
三つ子はなんだか全員お気に入り。
「ひとは」はあの仏頂面がいいし、
「ふたば」はとてちてとてちてだし、
「みつば」はSだけど実は一番心やさしいし。

とりあえずオープニングは今期トップで間違いない。
あれは中毒性が半端なかった。
けいおん!!の2クール目のオープニングもかなり人気みたいだけど、私的にはこっちが神オープニングかな。
「でもでもだって言い訳しないの、宿題なんてほっとこうよ」の戸松さんパートがヤヴァイ。
ちなみにエンディングも「げんしけんの人」で非常にいい感じが出ている。
アニメ本編も当然ながら、曲も気にする自分としてはうれしい限り。

次回からは内容についてレビューしようかな。






生徒会ほどではないが、こちらも下ネタづくし....

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

Twitterだお

search this site.

宣伝広告

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM